Hill tribe Akha in Thailand

They do not have their own letters. I want to leave their words.Before being lost...

タイの北部山岳には、10部族以上の異なる文化・伝統を持った、少数民族が生活しています。 彼らの村は、民族によって好みの場所が違い、アカ族のように山の山頂を好む民族もあれば、ラフ族のように谷間に村を形成する民族もいます。 そんな民族の紹介をしています。


Hill tribe Akha

Akha(Kaw)

akha

人口:約5万6616人

アカ族は、タイでは別称‘コー’又は‘イコー’(差別的意味合いを持つ)として知られ、主にチェンライ県やチェンマイ県に多く暮らしています。 彼らは中国の雲南省に住むハ二族と近い関係にあり、ハニ族からアカ族のルーツを探ることができます。 アカ-ハ二族の人口は全体で200~300万人程ですがタイで暮らしているのはわずかに10万人とされ、その人口は年々増しています。 アカ族の言語はチベット-ビルマ言語グループのロロ-イー派というものに属しますが、彼ら独自の伝統的文字は持っていません。 しかし、キリスト教を信仰する村にはローマ字を変化させたような文字があり、彼らが使う聖書もこの文字で書かれています。 彼らはその文字を誇りにしており、宗教のリーダーは子どもたちに文字の読み方、聖書の読み方を教えます。 アカ族は昔から農業で生計を立てており、稲やトウモロコシ等、多種の作物を育てます。食文化が豊かなアカ族は、10種類以上の米を植え、たくさんのハーブを料理に使います。 彼らの伝統的な生活文化や伝統文化は、高齢層からの口承という方法で伝えられています。 アカ族の生活様式は、精霊崇拝と祖先崇拝とがその土地との深く結び付いており、それは宗教的習慣という枠を超え彼らの存在を示しています。そして、信仰に基づいたたくさんの儀式を行います。 アカ族は日常の習慣的行為を重んじ、年長者、家族の絆、祖先を大切にします。 例えば、アカ族の男性は50世代も前まで血筋を遡った人達の名前を暗唱することができ、高年齢層の村人の意思は若い年齢層の村人には絶対です。 Uloh AkhaタイにはGawまたはE-gaw(Akhaが好きではない名前)として知られているAkhaは、主にチェンライ県とチェンマイ州にあります。 Akhaは中国の雲南省のハニ族と密接に関係しており、約2〜300万人のAkha-Hani複合体がありますが、タイの領土では7万人をわずかに上回っています。 Akhaは、Tibeto-Burman言語グループのLolo / Yiブランチで言語を話しますが、伝統的な文章はありません。 宣教師や言語学者によって開発されたローマ語、タイ語、ビルマ語のキャラクターを使用して作成されたAkhaを書くためのさまざまなスキームがありますが、Akhaのリテラシーはまだ事実上ゼロです。 Akhaは伝統的に自給農家であり、米とトウモロコシを含む様々な作物を栽培しています。 多くのAkha、特に若者たちはキリスト教を信奉するが、Akhasの口頭で書かれた全ライフスタイルであるAkha Zang(Akha Way)は依然として高齢世代の意識の深いところにある。 Akha Wayは、アニミズム、先祖の崇拝、そして土地との深い関係を兼ね備えています。Akhaの場合、Akha Wayは、単純な宗教的実践を超えて、その存在のあらゆる側面を浸透させる生き方です。 Akha Wayは、日常生活における儀式を強調し、強い家族関係を強調します。 Akhaのすべての男性は、最初のAkha Sm Mi Oに50世紀以上にわたり彼の遺伝子を再考することができます。:

Uloh Akha The Akha, also known to the Thai as the Gaw or the E-gaw (names that the Akha do not like), are located primarily with Chiang Rai and Chiang Mai provinces. The Akha are closely related with the Hani of Yunnan province, China, the Akha-Hani complex numbers about two to three million people, but with just over 70,000 members in Thai territory. The Akha speak a language in the Lolo/Yi branch of the Tibeto-Burman language group, but have no traditional written language. There are a variety of schemes for writing Akha developed by missionaries or linguists which employ Roman, Thai or Burmese characters, but literacy in Akha is still virtually nil. The Akha are traditionally subsistence farmers, growing a variety of crops including rice and corn. Though many Akha, especially younger people, profess Christianity, Akha Zang (The Akha Way), a total lifestyle perscribed in the oral literature of the Akhas, still runs deep in the consciousness of older generations. The Akha Way combines animism, ancestor worship and their deep relationship with the land.. For an Akha, the Akha Way is a way of life which extends beyond simple religious practice and infuses every aspect of their existence. The Akha Way emphasizes rituals in everyday life and stresses strong family ties; every Akha male can recount his geneology back over fifty generations to the first Akha, Sm Mi O. The 8 Akha groups of Thailand are:

National costume Akha

ulo akha Ulo Akha

women's Headdress men's Headdress women's Dress men's Dress


lomi akha Lomi Akha

women's Headdress women's Dress men's Dress


phami akha Phami Akha

women's Headdress women's Dress men's Dress


nakha akha Nakha Akha


 Phiya Akha


akho akha Akho Akha


acho akha Acho Akha

uphi akha Uphi Akha

Hill tribe other

Hmong(Meo)

hmong

人口:約12万6300人

モンゴル人は当初チベット、シベリア、モンゴルから移住して中国に移住した後、イエロー(黄路)川、クワイヨア、湖南、クァンシ、雲南地域に住む移民であった。 現在、タイのモン族は、チェンライ、パヤオ、チェンマイ、プラー、ランパン、カンパンペット、ロエイ、フィサヌロク、ペッチャブン、タク、メーホンソン周辺の丘陵地帯や低地に村を建設している。

Hmong Originally, the Hmong people were immigrants from Tibet, Siberia and Mongolia, before migrating to China where they settled down in areas around the Yellow (Huang Ho) River, Kwaijoa, Hunnam, Kwangsi and Yunnan. Now, Hmong people in Thailand have set up villages on the hills, or the lowlands, around Chiang Rai, Payao, Chiang Mai, Prae, Lampang, Khampang Phet, Loei, Phisanulok, Phetchabun, Tak and Mae Hong Son.


Karen(Kariang or Yang)

karen

人口:約35万3574人

カイレンは自分たちをプワキンニョウと呼んでおり、タイ王国へのカリアンとして知られており、東南アジアで最大の山岳民族のひとつであり、総人口は約300万人で、ビルマ全土に広がっています。ラオスとタイはタイの領土で山岳民全体の半分を占めています。 タイのカレン族は、北部のメーホンソン州からバンコク西部のラチャブリー州とペッチャブリ県にかけて、西部の国境地域に分布しています。彼らは森林や高原地帯に住み、ほとんどが自給農業を営んでいます。 タイでは、カレンの最大の集中は、タイのカレン人口の約3分の1のチェンマイ県に住んでいます。 Sgawはカレンの最大のグループです。すべてのSawaw Karenは共通の言語と生物学的特性を共有しています。彼らはまた、文化遺産も共有しています。これには、カレンの歴史、物語、伝説、歌の神話、詩、散文などが含まれます。宗教儀式;ドレスや食べ物の嗜好があります。彼らの村には10〜200戸の家があります。

The Karen, who call themselves Pwakin-nyaw and who are known as Kariang to ethnic Thais, are one of the largest hilltribe in Southeast Asia with a total population of about three million spread throughout Burma, Laos and Thailand, which makes up half of the total hilltribe population in Thai territory. Karen people in Thailand are found along the western border area, from Mae Hong Son province in the north down to Ratchaburi and Petchaburi provinces west of Bangkok. They live in forest and highland areas, mostly doing subsistence rice farming. In Thailand the largest concentration of Karen live in Chiang Mai province, about one third of Thailand’s Karen population. The Sgaw are the largest group of Karen. All the Sgaw Karen share a common language and biological characteristics. They also share a cultural heritage. This includes Karen history, tales, legends, myths in songs, poetry, and prose; religious rituals; and preferences for dress and food. Their villages have between 10 and 200 houses.


Khamu

khamu

人口:約1万3674人

KhamuはほとんどがNan Provinceに住んでいます。 生きている家には、汚れた床と屋根に交差した梁があります。 彼らは熟練した金属労働者とみなされ、鍛冶の神であるサロクに定期的に提供されます。

The Khamu live mostly in Nan Province. The live in houses with dirt floors and roofs with crossed beams. They are regarded as skilled metal workers and make regular offering to Salok, the god of the forge.


Lahu(Mussur)

lahu

人口:約8万5845人

ラフ族またはムーサーラフ族は、主にチェンマイおよびチェンライの各州に位置していますが、タク省のように南方にはかなりの数があります。 彼らの決済は、通常、ラフの生活様式の維持に強い意欲を持っているため、道路や町から離れています。 ラフは、タイの複雑で多様な民族です。 タイのラーウス族の大部分は、救世主のリーダーであるDtoboに従う汎神論主義者であるレッドラフ族です。 タイにはBlack、Yellow、Shehleh Lahusもかなり多く存在し、その多くは約100年前にキリスト教徒であった。 ブラックラフは東南アジアで最も人口が多く、ラフ族の標準的な方言と考えられています。

Lahu or Muser The Lahu are located primarly in Chiang Mai and Chiang Rai provinces, but can also be found in considerable numbers as far south as Tak province. Their settlements are usually remote from roads and towns, due to their strong commitment to the maintenance of the Lahu way of life. The Lahu are complex and diverse ethnicity in Thailand. The majority of Lahus in Thailand are Red Lahu, pantheistic animists who follow a Dtobo, a messianic leader. There are also a significant number of Black, Yellow and Shehleh Lahus in Thailand, many of whom have been Christian for nearly one hundred years. Black Lahu are the most populous throughout Southeast Asia and theirs is considered to be the standard Lahu dialect.


Lawa(Lau)

lawa

人口:約1万637人

ルア人民はラオスに固有の少数民族であり、一部はタイに住んでいます。 ルアはすべての山岳民族の中で最長のチェンマイにいます。 彼らは、ハリプンタイとタイの人々によって丘の中に押し込まれたラワに由来すると考えられています。 タイ北部の山岳少数民族の中で最も知られていることはおそらくラワイがおそらく最も興味深いでしょう。 Lawaは歴史的にチェンマイ渓谷に生息する最初の人々でした。

The Lua People are a minority cultural group native to Laos, although some also live in Thailand. The Lua have been in Chiang Mai the longest of all hilltribe. They are thought to have originated from the Lawa who were pushed into the hills by the men from Haripunchai and the Tai. Probably the least known of the northern Thailand mountain minorities the Lawa are probably the most interesting. The Lawa were the first people to inhabit the Chiang Mai valley in historic times.


Lisu(Lisaw)

lisu

人口:約3万3365人

LisuまたはLisaw Lisuは、色で生きている部族として彼らの名前を得ました。実際には、リス族はすべての山岳民族の中で最も多様な色を使用すると考えられています。彼らの自信ある意思決定と独立は、リスーが衣装を飾るために、色の強力な組み合わせを上下に使用する方法に反映されています。多くの場合、「Lisor」と呼ばれ、「Lisu」と呼ばれます。 もともと、リスは、チベット北部と中華人民共和国の雲南省北西部にあるサラワン海域とメコン川の近くの地域からのものでした。 Lisuは2つのサブグループに分かれていた:ストライプされたLisuとBlack Lisu。タイに住むほとんどすべてのリス族は、ストライプされたリス族のサブグループである。黒いリスは、中国、ビルマ、インド、タイに広がっています。タイのリス族は、チェンライ、チェンマイ、メーホンソン、パヤオ、タク、カンポエンペット、ペチャブーン、スコータイ、ランパンの9つの州に散在しています。

Lisu or Lisaw Lisu earned their name as the tribe that is alive with color. In fact, the Lisu are considered to use the greatest variety of colors of all the hill tribe. Their confident decision-making and independence is reflected in the way the Lisu use powerful combinations of colors, one on top of the other, to decorate their costumes. Often referred to as ′Lisor,′ they refer to themselves as ′Lisu. Originally, the Lisu were from the area near head of the Salawan waters and the Mekong river, located in northern Tibet and the northwest portion of Yunnan province in the People′s Republic of China. The Lisu divided into two sub-groups: the striped Lisu and the black Lisu. Almost all Lisu residing in Thailand are of the striped Lisu sub-group. As for the black Lisu, they are spread out across China, Burma, India, and Thailand. The Lisu in Thailand are scattered across nine different provinces: Chiang Rai, Chiang Mai, Mae Hong Son, Phayao, Tak, Kampaengphet, Phetchaboon, Sukhothai, and Lampang.


Mlabri(Phi Tong Luang Mla)

mlabri

人口:約125人

MlabriまたはPhi Tong Luang Mlaは黄色い葉またはMlabriとして知られています。 黄色い葉は、他の人によって与えられた名前ですが、彼らは彼らが幽霊のように聞こえるので、彼らは私たちのような人間であるからではありません。 彼らは森に住んでいる。 彼らは、タロ、ポタト、バナナ、タケノコ、動物や蜂などの森林からの商品を見つける。 彼らは約2〜3日間、単一の場所に住んでいます。その後、場所を連続的に移動し、家族の間で議論することによってどこに移動するかを選択します。 時々彼らは食べ物ではなく、人々を邪魔したり傷つけたりする恐れがあるので、他の場所に移動することがあります。

Mlabri or Phi Tong Luang Mla are known as yellow leaf or Mlabri. Yellow leaf is the name given to them by other people but they do not like being called because it makes them sound like ghosts, which they are not because they are human like us. They live in the forest; they find goods from the forest such as taro, potatos, bananas, bamboo shoots, animals and bees. They live at a singular place for around 2-3 days then will move the place continuously and will choose where to move to by having a discussion between families. Sometimes they will move to an other place, not for food, but because they fear people will come to disturb or hurt them. The population of the Mlabri tribe in the Nan and Phrae provinces of Thailand.


Yao(Mien)

yao

人口:約4万8357人

ミエン(Mien)またはヤオ(Yao)ミーンは、チベット近くの周辺の山々に住んでいました。 ミアンは漢からの支配を好まないので絶えず動いた。 Mienには28のサブネームがありました。 Mien、Phan(Bienh)、Bunu、Cha Sun、Ping Tiの4つの主要なグループがありました。 4つのグループのうち、Phan(Bienh)グループは人力が最も多く、それは絶え間なく場所を移動するグループでした。 ラオスとベトナムの低地に生息しているランテン人にも関係しているミエン族は、中国からタイとその周辺に移住し、15〜16世紀に中国の湖南省から北部のベトナム、 ラオスとタイ北部に移住し始めました。

Mien or Yao The Mien lived in the surrounding mountains near Tibet. The Mien moved constantly because they did not like the controlling ruling from the Han. There were as many as 28 sub-names under the Mien. There were 4 major groups of Mien, the Phan (Bienh), the Bunu, the Cha Sun, and Ping Ti. Out of the 4 groups, the Phan (Bienh) group had the most man-power, and that was the group that constantly moving from place to place. Migration from China to Thailand and Beyond, the Mien who are also related to the lowland-living Lanten peoples of Laos and Vietnam, are believed to have begun migrating from Hunan province in China during the 15th-16th century and spread throughout northern Vietnam, northern Laos and northern Thailand.


H′Tin

人口:約3万8823人

H′Tinはナンの北部の地方でしか見つけられない種族です。 実際、H′TinはLuaやLawaと同じグループに属しています。 ナンの地元のタイ人はハイン(H′Tin)と呼ばれています。それは文字通り「地元」を意味します。なぜなら、彼らはその地方の長い住人だからです。 H′TinはNan Provinceのタイ・ラオス国境沿いの森林地域に住んでいます。

The H′Tin are a tribal group that can be found only in the northern province of Nan. Actually, the H′Tin belong to the same group as the Lua or Lawa. The local Thai in Nan call them H′Tin, that literally means "local", because they are long time residents of that locality. The H′Tin live in the forest areas along the Thai-Laos border in Nan province.

Kachin(Kim-Phor)

カチンやキム・ファーカチンは、ビルマのシャン州からタイに移住し、中国の人民共和国であるリュウとラフと共に移住した人々もいる。 彼らは1974年にチェンマイのメイアイ地区にあるドイランドに移住し、チェンライ州メアスー地区のドーヴィーに住むように移住し、その後、チェンマイ州のメイアイ地区のパンマヤン、マイモクジャムに移住するようになりました 25日前にバーン・ノンキーに滞在する前に移動してください。 カチンはチベット - ビルマと同じ種族のため、シャン族、リス族、ラフ族、アクハ族との親密度が高い。

Kachin or Kim-Phor The Kachin or they call themselves is “Kim-Phor” migrate to Thailand from the Shan state in Burma, some groups migrated from Yunnan the People′s Republic of China together with the Lisu and Lahu. They immigrated only they group in 1974 at DoiLand, Mae-eye District, Chiang Mai province and move to live in DoiVawee, Mae Suay district, Chiang Rai province, then migrate come to live at Pangmayao, Maimokjam, Mae-eye district, ChiangMai province before move come to stay at Baan NongKeaw when 25 ago. Kachin is closeness with Shan, Lisu, Lahu and Akha people because of are the same species language as Tibet – Burma.

Kui(Kuoy or Suay)

クイ族はタイ、ラオス、カンボジアに住んでいます。 彼らはクイ、スー、カメンボラン(古代クメール語を意味する)としても知られています。カンボジアでは、主にプーア・ヴィヒアール州とカンポントム州の北部中央部に住んでいます。 彼らの村はクメールの村に散在する遠隔地にある。 この地域の早期住民であったクイには、高度な文明やクメール人のような帝国はなかった。 過去には鉄鉱石精錬所や鍛冶屋などの評判を得ていましたが、その技能は失われたようです。

Kui people are found in Thailand, Laos and Cambodia. They are also known as Kui, Suay and Kamen-boran (which means ancient Khmer).In Cambodia they live primarily in the north-central part of the country, in Preah Vihear and Kampong Thom provinces. Their villages are mostly in remote areas interspersed with Khmer villages. Early inhabitants of the area, the Kui did not have an advanced civilization or empire like the Khmers. In the past they had a reputation as iron ore smelters and blacksmiths, but those skills seem to have been lost.

Moken

ムーケン伝統的に海洋性の種族であるモケンの一部は、タイ南部の島々に定住しています。 彼らは独自の文化、伝統、価値観、信念、遊牧民の生活様式、そしてアンダマン海からの生計を立てて独自の生活様式を持っています。 主な食べ物は、海洋文化の定番と考えられる根菜野菜の太郎です。 ムーケンは海のジプシーとしても知られています。100年以上の間アンダマン海をさまよっていたポルトマレーシア人の子孫で、ミャンマーのムルギイ諸島沿岸の島々にあります。 フィリピンのズールー海、マレーシアとインドネシアの海岸を含む。

Moken Some of the Moken, traditionally a seafaring tribe, have settled on the islands in southern Thailand. They have their own way of life with a unique culture, traditions, values and beliefs, a nomadic lifestyle, and making their livelihood from the Andaman Sea. The main food is Taro, a root vegetable considered as a staple in oceanic cultures. Moken are also known as the Sea Gypsies - Descendents of the Porto-Malaysians who wandered the Andaman Sea for more than 100 years, living on islands and off the coast of the Mergui Islands in Myanmar, as far south and east as the islands of the Zulu sea in the Philippines, and including the coast of Malaysia and Indonesia. In Thailand, the Moklen, or the land Lion, resides in Patong Island in Phang Nga province and Thalang district in Phuket province.

(人口はいずれも、2002年のチェンマイ山地民研究所発表による)